肩こり・頭痛・寝違い|大阪市都島区の整骨院なら、おおさわ整骨鍼灸院へ。交通事故、美容鍼整体、肩こり、膝痛、頭痛、腰痛でお困りの方はご相談ください。

  • 予約優先
  • 土曜日・祝日 午前まで受付

TEL:06-4253-5551

大阪市都島区友渕町2-12-21

【受付時間】8:30~12:30 / 15:00~20:00
【定休日】土曜日午後・祝日午後、日曜日

肩こり・頭痛・寝違い

肩こりのメカニズム

肩こりとは?

緊張した状況から開放された際、「肩がこった」ということがあります。
肩こりの症状は、首の周辺から上背部・肩までの筋肉が疲労したり緊張したりして生じます。肩の周囲の筋肉が緊張することにより、筋肉内の血管が圧迫されて血行が悪化し、そのために一段と緊張を強めるという悪循環が起こり、肩こりの原因になります。

肩こりから起こる症例

肩こりは、上図のように様々な原因で引き起こしますが、ほとんど姿勢の悪さと運動不足から起こるものです。
上部僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、胸鎖乳突筋などが過度に緊張して起こしたり、逆に弛緩しすぎて肩こりが起こりますので、少しでも痛み、違和感を感じられた場合は、是非おおさわ整骨鍼灸院にご相談ください。

肩こりのつぼ、ツボ施術

東洋医学では、人間の体に流れる「気」(エネルギー)が回るルートを「経絡(けいらく)」と呼びます。 その中で特に反応の強いところが「経穴(けいけつ)」、いわゆる「つぼ(ツボ)」です。 肩こりや腰のつぼが手にあったりしますので、患部に効果のあるつぼが、どこにあるかを詳しく研究し、その研究の成果を当院で是非お試しください。

頭痛のメカニズム

頭痛の種類について

大きく分けて「一次性頭痛(機能性頭痛)」と「二次性頭痛(症候性頭痛)」があります。
二次性頭痛の原因には、脳腫瘍、脳出血、クモ膜下出血、脳膜炎、脳動脈硬化などがあります。
また、副鼻腫炎(蓄膿症)や花粉症も二次性頭痛に入ります。
二次性頭痛の場合は病院で治療することをお勧めします。
一次性頭痛(機能性頭痛)は別名で「慢性頭痛」とも呼ばれ、大きく「片頭痛」、「緊張型頭痛」、「群発頭痛」と三つに分類意します。
また「偏頭痛」、「緊張型頭痛」、「群発頭痛」はそれぞれ発生機序が異なるため、当然治療方法も異なります。

しかし一次性頭痛を患っている人は、頭痛が起こる前後に首・肩こりを併発するという点は同様です。
すなわち、一次性頭痛は首・肩こりと切り離すことができない関係にあります。
大阪市都島区のおおさわ整骨鍼灸院はこの「頭痛と肩こりとの密接不可分の関係」に着眼し、深層筋活性ポイントを首・肩こりに置き、それぞれのタイプに適した治療を行っております。

首・肩こりからなぜ頭痛が起きるのか?

原因の一つは、首や肩がこることにより筋肉が硬くなり、後頭部にある後頭神経(大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経)が圧迫され、頭痛が起きるというところにあります。
原因の二つ目は、首や肩がこることにより、硬い筋肉に引っ張られて首の骨が正常なカーブ(通常前彎)と異なった曲がり方をしたりして、首の骨の構造が入り乱れます。
正常なカーブが失われると、首の血管、特に椎骨動脈(鎖骨下から首の骨の穴を通り、脳内に向かう動脈)が圧迫され血液が減少します。
それによって脳への血液を増やそうとして脳の血管は異常に広がり、脳神経の1つである三叉神経を圧迫し、これが頭痛をもたらす原因です。
すなわち、硬くなった筋肉により、首の骨格がズレ、首の血行が悪化して脳は血液を取り込もうとして、脳の血管が拡張し、神経を圧迫します。
上で説明したのが、片頭痛や緊張型頭痛などの慢性頭痛の要因です。

首・肩をほぐして、血流をよりよくすれば、慢性頭痛の予防にもむすびつきます。
また、脳脊髄液減少、血圧、ストレスや心因性、特に自律神経失調から引き起こす頭痛もありますが、これも首・肩の筋緊張を緩和することで良くなります。
大阪市都島区の頭痛はおおさわ整骨鍼灸院へ是非ご相談下さい。

寝違いのメカニズム

寝違いとは?それによる影響

朝、目が覚めて起き上がろうと体を動かした際「イタッ…!」。 首に激痛が走り、顔の向きを変えることができなくなってしまった。 こうした急性の頚部痛を「寝違え」と言います。 目覚めて動き始めに、頭の位置を変えることができない、または、目覚めは首周囲が重くだるく感じ、朝の支度中に段々と悪化し、頭が動かせなくなるという困難な状態に陥ります。

寝違えの原因は?

寝違えの原因には、いくつか考えられます。 首の骨関節や筋肉に負担のかかる状態が続いていたり、精神的なストレスを受けたり、という原因が考えられます。 寝違えを引き起こしやすい人の中には、慢性的な肩こりがからんでいる場合もあります。 つまり、頭を支え、動かす筋肉が過度に緊張したり、関節に負担がかかりその周辺の組織が痛んだりといった状態になるのです。

寝違え対処の落とし穴

寝違えは「放っておけば治る」と思うことが多いようです。 また痛い部分をつい自分で揉んで治したくなります。 専門家が行う以外、絶対してはいけません。 正しい処方は、症状の改善とつながりますが、誤った処方は、逆に症状を悪化させます。 以下は、思わずやってしまう危険な対処法です。

  • 痛みをこらえて首のストレッチをする。
  • 痛みのあるところを温める
  • 首や肩を自分で揉む
  • 首を何度も回して体操する
  • お風呂で長時間温める

特別肩こり治療

特別肩こり治療とは?

肩こりの原因は色々ありますが(姿勢、運動不足、精神的ストレス、眼精疲労、頚椎の変性など)、その結果、特定の筋肉が過緊張を起こし痛みとして出現してくることがほとんどです。
当院では、首の動き(屈曲、側屈、回旋など)を分析し、首の動きに制限や肩こりの痛みを引き起こしている主原因(トリガーポイント)をつきとめ治療を行います。
「この辺りの筋肉をマッサージする」ではなく「ここの筋肉を治療する」ことで治療効果は全然違ってきます。
また主原因だけではなく、その動きに関連する筋肉(筋連結)を同時に治療することにより、かばいから出てくる痛みも治療、予防することができます。

治療の流れ

1、首の動きの確認及び圧痛計による圧痛の強度の確認

痛みの原因となっている筋肉(トリガーポイント)をみつけるため、首を屈曲・伸展・左右回旋・左右側屈してもらい、どの動きで痛みやハリ感がでるかの確認や、徒手検査法と呼ばれる検査を行いシビレ感の有無をみます。
また原因となっている筋肉(トリガーポイント)の感覚が過敏になっていたり鈍感になっていないかを確かめるために圧痛計と呼ばれる検査器具を使用します。

2、痛みの原因(トリガーポイント)の確定

1で検査した結果を元に総合的に判断し、原因となる筋肉(トリガーポイント)を確定させ治療を開始いたします。

3、治療(手技、鍼灸、高周波、テーピング等)

原因筋(トリガーポイント)が決まれば、原因筋やそれを補助する筋肉に治療を行い、筋肉の弛緩および血行の改善を図ります。
時にはその筋肉の拮抗筋と呼ばれる筋肉や頚椎も治療の対象となる場合もあります。

4、自宅でのケアの説明

自宅でのストレッチや運動、逆にやってはいけないストレッチや運動の指導、温めるべきか、冷やすべきかの判断、症状によっては栄養面での指導を行い治療終了といたします。

ページトップへ