鍼灸・マッサージ|大阪市都島区の整骨院なら、おおさわ整骨鍼灸院へ。交通事故、美容鍼整体、肩こり、膝痛、頭痛、腰痛でお困りの方はご相談ください。

  • 予約優先
  • 土曜日・祝日 午前まで受付

TEL:06-4253-5551

大阪市都島区友渕町2-12-21

【受付時間】8:30~12:30 / 15:00~20:00
【定休日】土曜日午後・祝日午後、日曜日

鍼灸・マッサージ

おおさわ整骨鍼灸院の鍼(針)灸治療

鍼(針・はり・ハリ)灸治療は、機械に頼らない手技中心の治療です。
はりは痛い、灸は熱い、薬は苦いと昔からよく言われてきましたが、現在では全くそんなことはありません。
大阪市都島区のおおさわ整骨鍼灸院では患者様の年齢、性別、感受性、鍼(針・はり・ハリ)灸治療の経験度などを総合的に判断して、患者様に最も相応しい刺激量を割り出して 治療にあたっていますので安心ください。
また初めての患者様には、治療法の説明して納得をいただいております。

鍼(針)治療について

鍼(針)治療とは?

鍼灸医学は古代中国に起こり、その後歳月を経て発展してきました。
はり治療はツボを刺激することで、筋肉や自律神経に作用して自然治癒力を高め、痛みや、こりにも効果があります。
また、近年では美容鍼も注目を集めています。

特に神経痛・頸肩腕症候群・五十肩・腰痛・頚椎捻挫の後遺症には国からも、その効果が認められ健康保険が適応できます。
大阪市都島区のおおさわ整骨鍼灸院では全て使い捨ての鍼を使用しておりますので、衛生面でも安心して受診できますし、美容鍼も行っておりますので、是非おおさわ整骨鍼灸院までご相談ください。

鍼(針)治療は痛くないですか?

思っているほど痛くありません。
飛び上がるような痛みはなく、針を刺した瞬間にチクリと蚊に刺されたような痛みです。
「全然痛くなかった。」「思ったほど痛くなかった。」とほとんどの患者様は針治療後に言われます。
ただ、鍼を刺した瞬間、皮膚の表面ではなく、奥のほうに「響き」という反応を感じます。
「 響き」とは言葉で表すのは難しいのですが、針が刺さった部位から、重くだるい感覚か広がる感じです。
「響き」は心地よく感じる場合もありますし、気持ち悪く感じる場合もあります。
何はともあれハリ治療によって及ぼす反応ですので、心配無用です。
大阪市都島区のおおさわ整骨鍼灸院のはり治療は特に痛くなく、身体全体に響く快感があります。

灸治療について

灸治療とは?

もぐさを「つぼ」(皮膚で治療効果がある部位)に置き、これを燃えさせて一定の熱刺激を与え、これによって生体の違和を取り除き、自然治癒力を高め、病気を治す療法を灸治療といいます。
灸治療は、「やいと」ともいい、はり治療とともに、東洋医学の重要な物理療法の一つです。

灸は熱いの?アトが残りませんか?

熱くない、アトの残らないお灸があります。
お灸と聞いただけで、熱い、怖い、アトが残る・・・ 等々、否定的なイメージをお持ちの方が多いです。
仏教と共に日本に入ってきたお灸は、熱くない工夫がいろいろなされてきました。
お灸に大きな効果がなければ日本で1500年も続いてくるはずがありません。
熱さの緩和策には、 間接灸へ向かった方向と、直接灸のまま工夫をこらす方向の二つがあります。
間接灸とは、もぐさと皮膚の間に紙、ビワの葉、ミソ、塩、ニンニク等、色々なものをはさんで、熱が間接的に伝わるようにしたすえ方です。
大阪市都島区のおおさわ整骨鍼灸院では安全性を重視し、ほとんどの疾患に対して間接灸を行っております。
ただし末端冷え性や逆子のお灸には効果大の直接灸の「八分灸」を強くお勧めします。
八分灸は、もぐさが八分くらい燃えて、熱さを感じるか感じないかその一瞬に、燃えているもぐさをつまみ消しながら皮膚から取り去ります。

鍼(針)灸の効果について

鍼(針)灸はどのような効果があるのか

一般的な効果
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 首や腕の痛み
  • リウマチ
  • 五十肩
  • 神経痛
  • 首の捻挫
内科的なものや精神的なもの
  • 風邪
  • 不妊症
  • 胃腸の不調
  • 冷え性の改善
  • めまい
  • 鬱病
  • 不眠症

また大阪都島区のおおさわ整骨鍼灸院では美容鍼灸(美顔鍼灸)を行っています。
当院の鍼灸には得意分野があり、特に筋肉や関節の痛み、美容に関しては絶対の自信を持っております。
治療を受ける前に鍼灸について色々とご説明させて頂きます。

鍼(針)効果と灸効果の違いがあるのか

鍼と灸の効果の違いが、自律神経〈交感神経・副交感神経)効果の違いである事がわかってきました。
筑波技術短大の研究では、針は交感神経の過緊張状態を抑える効果があり、痛み・コリ・めまい・吐き気・手足の冷え・手足の発汗などの治療に良く効き、灸は副交感神経の過緊張状態を抑える効果があり、喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・花粉症・じんましん・過敏性大腸炎などに効果があると言われています。
鍼灸医学は経験医学であり、まだまだ未科学の分野ですので、これからも多くの発見が期待されています。

鍼(針)灸治療はなぜ効くのか?

①「気」に因る原理
ある任意の部位を暖めたり押したりすると、痛みが止まったり、症状が収まったりした事柄の一つ一つの積み重ねが、 つぼを発見し、 そのつぼを刺激するうちに、内臓と結ぶ経絡(けいらく)の存在を「気」の走行として 認識していったものと思われます。
鍼灸医学は、「気」の解明抜きで語る事は出来ません。
何故なら、鍼灸医学は、「気」の偏りが病を作り、その偏りを正し、「気」のバランスを整えることが、病を治すからです。

②「内臓体表反射」に因る原理
これは、内臓に異常があると、その異常が神経系を通して、 その内臓とつながりがある皮膚や筋肉に変化が現れるという説です。
例えば、「内臓知覚反射」は、異常のある内臓と関連する皮膚の知覚が過敏になり、「しびれ」や「痛み」が現れます。
あるいは、筋肉に反射して緊張や収縮を引き起こし、「しこり」や「こり」を作るものを「内蔵運動反射」といいます。
また「内臓自律神経反射」は、内臓の異常が汗腺・皮脂腺・立毛筋などに影響が出て、 皮膚がかさついたり、鳥肌が立ったり、しみが出たりします。

「内臓体表反射」は、多くの生理学者によって定説化されていますが、身体の内部と表面が神経反射によって 密接につながっていることから、逆に、身体の表面を刺激することによって内臓に影響を与えられるとする 「体表内臓反射」が可能になります。
これが、体表にあるつぼを刺激する事によって、内臓の異常を正常化し ようとする『鍼(針・はり・ハリ)灸治療』の近代医学的説明です。

全身トレーニング治療 

料金 7,000円

早く治したい!首肩も腰も足も辛い!!辛いけれど忙しくてなかなか通院できない!!!そんな患者様に是非受けてもらいたい治療です。原因は痛みが出ている場所とは限りません。
例えば肩が上がりにくいが、実は原因は股関節が内側に捻れているからといったように、全然関係ないような場所が原因で起こっていることはとても多いのです。
当院では1つ1つ丁寧に検査を行い、痛みの原因を究明し治療を進めていきます。治療前後での動きの違いや痛みの変化を必ず実感していただけます。

ページトップへ