膝(ひざ)痛|大阪市都島区の整骨院なら、おおさわ整骨鍼灸院へ。交通事故、美容鍼整体、肩こり、膝痛、頭痛、腰痛でお困りの方はご相談ください。

  • 予約優先
  • 土曜日・祝日 午前まで受付

TEL:06-4253-5551

大阪市都島区友渕町2-12-21

【受付時間】8:30~12:30 / 15:00~20:00
【定休日】土曜日午後・祝日午後、日曜日

膝(ひざ)痛

膝(ひざ)痛・膝の痛み・ひざ関節痛

膝の機能は?

膝(ひざ)の基本機能は次の2つです。
●可動性:下肢を動かす機能
●支持性:体重を支える機能
各機能について説明します。

可動性について

膝(ひざ)関節の可動性はどれくらいでしょうか?
まず、膝(ひざ)の曲げ伸ばし(屈伸運動)をしてみます。
膝(ひざ)を伸ばしたときを0度とします。たとえば正座などでは約140度くらいになっています。
普段の徒歩の場合は60度位。座り込む状態で100度位、膝(ひざ)が曲がります。
すなわち、膝(ひざ)の関節は0度~140度位までの広範囲の動作をしています。

支持性について

歩いているときには膝(ひざ)に負担がかかります。
一体、どれだけの負担が膝(ひざ)かかるのかご存知でしょうか?
上図のとおり階段を降りるときには何と….「体重の3倍」を一段ごとに繰り返します。
太りすぎは良くありません。理由は明確です。
1kgの体重がプラスになる場合は膝(ひざ)の関節に3倍の3kg負担が増幅します。
肥満や太りすぎはNGです。

膝(ひざ)関節の自己診断

膝(ひざ)関節の軟骨がどれくらい消耗しているのか

  • ①1時間以上歩いても膝(ひざ)の痛みを感じない
  • ②継続して1時間歩くのはつらいが、休みながら歩くなら膝(ひざ)に痛みを生じない
  • ③時々休憩を入れて、ショッピングをしながら歩いた場合は、膝(ひざ)に痛みが2~3日ほど残る
  • ④1時間も歩けないし、痛みも数日取れない。膝サポーターをつけている
  • ①であるなら問題はありません
    ②や③であるならば、「黄信号」です。④である場合は、「赤信号」です。是非一度、おおさわ整骨鍼灸院にご相談ください。

膝関節痛の病的種類の自己診断

  • ①膝の曲げ伸ばしをすると音がなる
  • ②階段を下りる時、力が抜けるように膝が折れる
  • ③正座をすると痛い。立ち上がると膝に痛みが走る
  • ④膝が伸びない。足を伸ばしても膝の裏が床につかない
  • ⑤膝と膝の間が10cm以上離れる
  • ⑥正座が全然できない
  • ⑦動き始める時に膝痛があるが、続けていると痛みがなくなる
  • ⑧膝を曲げるとおさらの上が張っている。腫れている
  • ⑨手が膝のおさらをかるく押すと、おさらが浮いている
  • ⑩左右の膝の形がちがう
  • ⑪膝(ひざ)のおさらが外側にずれている
  • ⑫膝がガクガクして、いつも安定しない
  • ①~③ 膝の軟骨である「半月板」に何らかの問題がある可能性が多いです。
    ④~⑦ 「変形性膝関節症」の恐れが多いです。老化現象で起こります。
    ⑦は、 「変形性膝関節症」の典型的症状です。
    ⑧~⑩ 膝の中に水がたまっています。「変形性膝関節症」と「慢性関節リウマチ」の可能性があります。
    ⑪~⑫ 膝蓋骨亜脱臼の症状です。膝の靭帯が切れているかも知りません。

膝関節はおおさわ整骨鍼灸院へお任せください

  • レントゲンを撮ってもらい、「半月版(軟骨)が減っています」と診断された
  • 膝の痛みを抑えるため飲み薬や塗り薬や湿布をしてもらっている
  • 膝のすべりを良くするためにヒアルロン酸の注射を打ってもらっている
  • 膝に溜まっている水を注射で抜いてもらっている
  • ホットパックや電気で膝を温めてもらっている
  • 手術した

大阪市都島区のおおさわ整骨鍼灸院の膝(ひざ)治療は「患者様が不自由なく動ける」ことを目標に施術していきます。
治療の1つ目は、腫れがひどかったり、膝に水が溜まるような場合、炎症を軽減させ、関節内の血液循環を修整することを目的として、膝関節の調整を行います。
また、患部を落ち着かせて、自己修復力を促進するために、テーピングや専用のサポーターで固定することもあります。
治療の2つ目は、痛みがいくらかうすらいだ後に、膝関節の筋力を回復させたり、しっかりと屈伸ができる状態に関節の可動域を拡大していくようにリハビリも行っていきます。
痛みが止まるだけでなく、動きなどの機能も回復して、はじめて患者様が普通に生活できるのです。
当院では「(特別膝(ひざ)治療)」も施しています。
是非、一度当院に来院ください。

特別ひざ治療

特別ひざ治療とは?

【膝(ひざ)関節は自分で治せる】を基本理念に運動学・解剖生理学に基づき考案されたおおさわ整骨鍼灸院独自の治療法です。
膝の痛みの大半は同じ部位にばかり負担がかかるために症状が出てくる場合が多く、おおさわ整骨院では、その負担のかかっているポイントをずらすことにより、痛みなく日常生活を送っていただけることを目的としております。
治療方法として患者様の症状・年齢・痛む箇所などを考慮し、手技やテーピング、運動療法を駆使し治療を行います。
また自宅でも約100種類ある運動法のうち、患者様の症状に合わせた5~6種類の運動を行ってもらうことにより、毎日が治療となります。

治療の流れ

1、問診

膝治療専用の問診票をご記入いただき、それを元に痛む部位、痛みが出る動作、各検査など事細かく問診を行い、痛みの原因をつきとめていきます。

2、膝(ひざ)のかばいから出る部位への治療

膝(ひざ)をかばうために負担の掛かっている部位の治療や、そのために歪みが生じている部位の矯正をおこないます。
また膝(ひざ)が痛みの原因だと思っていても、実は股関節や足首が原因の事も多く、それらの矯正をすることで膝(ひざ)の痛みが取れることもあります。

3、膝(ひざ)周辺の治療

過緊張を起こし硬くなっている筋肉を緩め、逆に筋力が落ちている筋肉の強化運動を行います。
そうすることで足のバランスを整え、偏った足の負担を軽減し痛みの緩和を図っていきます。
また強化させる筋肉にテーピングを行うことにより、筋力がアップした際の動きやすさや、痛みのなさを実感してもらいます。

4、自宅での運動プログラムを処方

治療中に患者様に行ってもらった運動の中から、最も必要で、最も効果の出やすい運動5~6種類をピックアップし、運動方法を再度指導していきます。決して難しい運動ではないのでご安心ください!

大阪市都島区のおおさわ整体院の特別ひざ治療は患者様と当院の共同作業です。
間違った運動は症状が改善しないどころか、悪化させる危険があります。
是非ご自身の症状に合った運動を行ってください。
「医は仁なりの」の言葉通り患者様と私たちの二人三脚でしか長年かけて痛めてきた症状は取れません。
ご自身の足で、生活が出来るよう、あきらめず一緒に治していきましょう!

大阪都島区のおおさわ整体院の症状別膝(ひざ)関節治療は患者様と当院の共同作業です。

痛みを無くし、可動域を大きく広げ日常活動をより潤滑に行うことで膝手術の回避を目指すものです。
誤った運動は症状を悪化させます。
ご自身の足で生活できるよう二人三脚で頑張りましょう。

ページトップへ